研究結果

ポリフェノール最大の機能は水溶性のV.C.(ビタミンC)や脂溶性のV.E.などとは違い、細胞間の水溶性部分や脂溶性部分、ひいては細胞膜でも抗酸化作用があるのです。
スギ花粉症などの症状(水っぱな、鼻づまり、連発するクシャミなど)のために夜間よく眠れない場合、それが因子になって睡眠不足の状態になり、次の日起きてからの仕事に思わしくない影響を及ぼすことがあります。
季節性インフルエンザのワクチンでは、今日までの研究結果から、ワクチンの効能を見通せるのは、接種のおよそ14日後から約150日くらいと考えられているのです。
強い痛みを伴うヘルニアは正しくは椎間板ヘルニア(ついかんばんヘルニア)といい、背骨と背骨の間にあって緩衝材の役目をする椎間板(ついかんばん)という名の柔らかい円形の線維軟骨が突き出た様子を表しています。
もし婦人科の検査で実際にエストロゲン・ゲスターゲンの分泌量が基準値を下回っていてPOFと判明した場合、不足している女性ホルモンを足す医術などで改善が期待できます。
不整脈である期外収縮の場合、特に病気ではなくても起こることがあるためさほど深刻な心臓の病気とはいえませんが、例えば発作が絶え間なく起きる場合は楽観視できません。
鍼灸用のはりを気になる所に刺す、という物的な程よい複数の刺激は、神経細胞を活性化して、神経インパルスという名称のいわば電気信号の伝達を発起させると考えられているようです。
栄養バランスの優れた食生活や体を動かすことは当然ですが、健康増進やビューティーを目的とし、食事の補助として色々なサプリメントを摂取する行為が珍しくなくなってきているのです。
日々繰り返される規則正しい生活の継続、腹八分目を志すこと、正しい運動やスポーツなど、古典的とも思える体に対する気配りが老化対策にも関わっているということです。
「肝機能の悪化」については、血液検査項目のGOTやGPT、γ-グルタミルトランスペプチダーゼなど3種類の値で判断できますが、近頃肝機能が落ちている人の数が明らかに増加傾向にあると言われています。
陰金田虫(いんきんたむし)は20代〜30代の男性に症例が多く、原則として股間部だけに広がり、体を動かしたり、入浴後など身体が熱くなった時に激しいかゆみに苦しみます。
2005(平成17)年より新しく特保(トクホ)の外観には「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」という注意喚起の日本語の記述が食品メーカーの義務となった。
乳児が受ける不活化ポリオワクチンは、長きに渡って使用されてきた生ワクチンに替わる新しい手段として、平成24年9月より正式に定期接種として導入されるので、集団接種ではなくクリニックなどの医療機関で個々に注射してもらうになりますのでご注意ください。
胃食道逆流症(GERD)の一つである逆流性食道炎は、約1週間きちんと処方薬を飲めば、原則として9割近くの人の自覚症状は無くなりますが、とはいえ食道の粘膜の炎症反応が完全に治癒したことを意味しないので留意してください。
肝臓をいつまでも元気にキープするには、肝臓の有害物質を分解する作用が落ちないようにすること、分かりやすく言えば、肝臓を老化させない対処法を実行することが重要だと思われます。

Comments are closed.